事務所での面談相談 30分 3000円 事務所までの地図

 お申込みはこちらから 

 お急ぎの方はお電話でお申込みください。TEL 092-737-8830

 

<事業計画書作成時のチェックポイント>

◆環境の分析◆


○外部・内部環境の分析


◆ビジネスの枠組み◆

○ビジネスモデル

○経営理念・ビジョン



◆数値計画◆

○売上・利益計画作成の流れ

○損益計算書
*売上利益計画

○損益分岐点分析

○キャッシュフロー計算書


■事業計画書の内容

■事業計画書作成の流れ


■ご準備いただくもの


■料金

■お問い合わせ・お申込み


■事務所案内

■特定商取引法に基づく表示

■免責事項・プライバシー

■リンク



<損益分岐点分析>

これからはじめる事業あるいは利益が出る事業かどうかを判断するうえで「損益分岐点」は重要になります。

事業計画書を作るときには、その事業を行って本当に利益がでるのかどうかをきちんと把握しておく必要があります。

その事業が採算に乗るかどうかの分かれ道となる売上高のことを損益分岐点売上高といいます。

損益分岐点売上高とは「売上高-(変動費+固定費)」が0(ゼロ)となる売上高のことをいいます。

つまり、損益分岐点売上高=変動費+固定費 となります。

(変動費)
売上や操業度の増減に応じて変化する費用のことです。
材料費、外注費、荷造運搬費など

(固定費)
売上や操業度の増減と関係なく一定して発生する費用のことです。
人件費、減価償却費、事業所賃借料、リース料など


売上から変動費を差し引いてでる利益を
「限界利益」といい、固定費を回収し利益を生みだすための原資となります。


もちろん損益分岐点が低い方が経営は安定します。


損益分岐点を下げるためには、売上を最大にして、以下に変動費や固定費を抑えるかが重要になってきます。

事業計画書作成の際は、シュミレーションを重ねて、損益分岐点を引き下げる方策を考えていきます。


〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2008行政書士平塚事務所 All Right Reserved
お急ぎの方はお電話でお申込みくださいませ。 TEL 092-737-8830

■お問い合わせ・お申込み お問い合わせは無料です 事務所までの地図

■福岡での会社設立   ■国民生活金融公庫からの事業資金調達サポート

 |トップページ問い合わせ・お申込み作成の流れ料金事務所案内提携している専門家