事務所での面談相談 30分 3000円 事務所までの地図

 お申込みはこちらから 

 お急ぎの方はお電話でお申込みください。TEL 092-737-8830

 

<事業計画書作成時のチェックポイント>

◆環境の分析◆


○外部・内部環境の分析


◆ビジネスの枠組み◆

○ビジネスモデル

○経営理念・ビジョン



◆数値計画◆

○売上・利益計画作成の流れ

○損益計算書
*売上利益計画

○損益分岐点分析

○キャッシュフロー計算書


■事業計画書の内容

■事業計画書作成の流れ


■ご準備いただくもの


■料金

■お問い合わせ・お申込み


■事務所案内

■特定商取引法に基づく表示

■免責事項・プライバシー

■リンク



<キャッシュフロー計算書>

キャッシュフロー計算書は、貸借対照表や損益計算書のように発生主義ではなく、現金主義を基準にしたものです。

事業活動は現金の出入りによって成り立っています。その出入りを明らかにするのがキャッシュフロー計算書です。

◆キャッシュフロー計算書の3つの項目

(営業活動によるキャッシュフロー)

会社が、外部からの資金調達に依頼することなく営業活動を維持し、新たに投資を行い、借入金を返済し、配当金を支払うのに、どの程度の資金を営業活動から生じたのかを示します。

本業で発生した現金の増減と、下記の2つのキャッシュフローに含まれない現金増減の全てが含まれます。


(投資活動によるキャッシュフロー)

将来の利益や資金の獲得のために、どの程度の資金を支出したのか、また、支出した資金をどの程度回収し、投資の成果としてどの程度の資金を獲得したのかを示します。

会社を成長させるための、建物や機械装置などに対する投資活動による現金増減を表します。


(財務活動によるキャッシュフロー)

営業活動や投資活動を維持するために、どの程度の資金が調達されたのか、また、営業活動や投資活動によって得られた資金から、どの程度の資金が資本の提供者に返済されたのかを示します。

資金調達による現金増減を表しており、借入による資金調達、および借入金返済による資金支出、社債発行、増資(株式発行)による資金調達などが含まれます。


◆事業計画書におけるキャッシュフロー計算書のポイント

○キャッシュフロー計算書を作成し、営業活動、投資活動、財務活動によるキャッシュフローを計算する。

○現金残高が一時でもマイナスにならないように、資金繰りを管理する。

○必要に応じて、銀行借り入れ、増資、借入金返済の先延ばしなどを考慮する。

○初期投資を最小化する工夫を行う。中長期的な成長のために必要な投資は行う。

〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2008行政書士平塚事務所 All Right Reserved
お急ぎの方はお電話でお申込みくださいませ。 TEL 092-737-8830

■お問い合わせ・お申込み お問い合わせは無料です 事務所までの地図

■福岡での会社設立   ■国民生活金融公庫からの事業資金調達サポート

 |トップページ問い合わせ・お申込み作成の流れ料金事務所案内提携している専門家